かごどん | 鹿児島の楽しい情報を世界に配信するウェブサイト

鹿児島の楽しい情報を世界に配信するウェブサイト

世界の新種トップ10入り!「アマミホシゾラフグ」がかわいすぎる!特技はミステリーサークル作ること【動画あり】

   

世界の新種トップ10入り!「アマミホシゾラフグ」がかわいすぎる!特技はミステリーサークル作ること

鹿児島県奄美大島などで生息する「アマミホシゾラフグ」が、「世界の新種トップ10」に選ばれましたね!

アマミホシゾラフグは海底に「ミステリーサークル」を作ると話題になった新種のフグです。

フグがミステリーサークル!?

どうしてミステリーサークルかというと、アマミホシゾラフグが作った卵を産むための巣(産卵巣)がまるでミステリーサークルみたいだからです。

これがその巣です。
確かにミステリーサークルのみたいですね!

世界の新種トップ10入り!「アマミホシゾラフグ」がかわいすぎる!

sankei.com

こちらは砂地に模様を作っているアマミホシゾラフグ。
なんだか愛きょうありますねー。

世界の新種トップ10入り!「アマミホシゾラフグ」がかわいすぎる!

sankei.com

そしてアマミホシゾラフグのオス(右)とメス(左)。
夫婦、仲良しですね。

世界の新種トップ10入り!「アマミホシゾラフグ」がかわいすぎる!

sankei.com

そしてもちろんいろんなメディアが取り上げています。

鹿児島県奄美大島沖海底で「ミステリーサークル」を描く「アマミホシゾラフグ」が、米ニューヨーク州立大・国際生物種探査研究所が実施した2015(平成27)年の「世界の新種トップ10」に選ばれた。

 アマミホシゾラフグは全長10~15センチ。オスが海底25メートルの砂地に1週間かけて直径約2メートルの幾何学模様のミステリーサークルのような産卵巣を作る。新種は毎年約1万8000種見つかるが、日本での新種がトップ10入りしたのは初。

 このフグを新種として発表した国立科学博物館(東京都台東区)の松浦啓一名誉研究員は「海には不思議な生き物がいると、一般の人にも分かってもらえるチャンスだ。注目してもらうことで研究が進めば」と期待している。(産経ニュース)

去年、世界中で発見されたおよそ1万8000種の新種の生物の中から注目すべき10の新種をアメリカの研究機関が発表し、初めて日本の近海に生息するフグなど2種が選ばれました。

アメリカのニューヨーク州立大学にある国際生物種探査研究所は、毎年、前の年に世界各地で発見されて登録された新種の生物のうち、生態の珍しさなどから特に注目すべき10種を選んでいます。

21日、去年発見された1万8000種の中からことしのトップ10を発表し、初めて日本に生息する2種が選ばれました。

このうち、鹿児島県奄美大島の近海で発見された「アマミホシゾラフグ」は、海底に砂を使って直径2メートルほどの幾何学的な円形を描くのが大きな特徴です。この円形は、雄が雌を引きつけるために作る産卵のための巣で、こうした複雑な巣を作る魚は極めて珍しいということです。

また、沖縄の近海などで見られる、青や赤、金など、さまざまな美しい色合いを持つハナビラミノウミウシの仲間も選ばれました。
研究所によりますと、これまでに発見された生物はおよそ200万種に上りますが、世界には、まだ1000万種の未発見の生物が存在するとみられています。

研究所は「未発見の生物は、人類の持続的な発展にヒントを与えてくれるかもしれないが、発見よりも先に絶滅する種もあるので、生物多様性の重要性に目を向けてほしい」とコメントしています。(NHKニュース)

なんだか世界の新種トップ10に選ばれるってとてもすごい感じがしますね・・・
いやいや、すごいに決まってますよね。
奄美大島から世界になんて、とってもすばらしいことですね!

アマミホシゾラフグってどんなフグ?

「アマミホシゾラフグ」は和名で、学名は「Torquigener albomaculosus」 。

「アマミホシゾラフグ」の由来は、「奄美にちなんだ夢のある名前にしようと考えていたそうで、体にある多数の白点を奄美の夜空に散らばる星になぞった」ということです。

とても素敵な由来ですね。

この「アマミホシゾラフグ」のミステリーサークルは奄美大島の海底で発見されました。
NHK「ダーウィンが来た!」では長期に渡るロケを行い、放送後にはインターネットでもこの「アマミホシゾラフグ」とミステリーサークルが話題となり海外のメディアから問い合わせが殺到。
あの BBCも取材に訪れたそうです。

新しい奄美大島の魅力のひとつになること間違いなしですね!

アマミホシゾラフグとミステリーサークルの動画

いくつか動画もありました!
その中からちょっとだけ紹介したいと思います。

「ミステリーサークル&アマミホシゾラフグ」

一生懸命ミステリーサークルを作ってるアマミホシゾラフグです。
アマミホシゾラフグはがんばってます!

怒るアマミホシゾラフグ

産卵したばかりの卵を守って怒って威嚇するアマミホシゾラフグです。
怒ってるアマミホシゾラフグもかわいいです。

いつか奄美大島に潜りに行って実際この目で見てみたいですね!
秋が透明度も良く水温も高いのでおすすめだそうです。

アマミホシゾラフグの世界の新種トップ10入りで奄美群島の世界自然遺産登録への期待もさらに高まりそうですね!

■参考サイト
あのフグがついに新種!|ウォーカープラス地域トピックス 大島郡瀬戸内町
あのフグがついに新種! – 水中写真家・大方洋二の魚って不思議!

 - おもしろ, 動画, 観光